読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りおの勉強記録 Studies by Rio

漫画、芸能・スポーツ、人・社会・ビジネス、英語、技術、科学・数学―勉強の経過と成果をつづっていきます

血液型占いを信じる人は、どこまで本気なのか

 

 

僕の身近な人たちには、「あの人はA型だから、―だ」「あの人はB型だから合わない」「あの人はO型だから合う」などという人が実は多いです。

 

で、そんなとき僕は、黙ったまま内心で、「そんなのあてになるわけないだろ」「どこまで本気なんだ?」と思っています。

 

まあ、状況しだいでは口に出すし、今このブログでも書いてしまっているのですが(笑)。

 

 

さて、そういう人たちは、一体どこまで本気なのでしょうか?

 

もちろん、僕がそれを信じていないだけで、血液型は性格に何らかの影響があるのかもしれません。

 

しかし、仮にそうだとしても、それは微々たるもので、環境とかその他の要因の方が、圧倒的に影響を及ぼすと思います。

 

そもそも、人の性格などは分析しきれるものではなく、まして4種に分類することなど無理でしょう。

 

 

これが仲間内の他愛ない話ならいいのですが、人事などの重要な決断に影響を及ぼしていたら、けっこう怖いと思います。

 

総理大臣が、大臣を決めるのに、血液型占いを考慮していたら…、怖い。

 

でも総理も人間だから、あり得ない話ではないかもしれません。

 

 

はっきり言うと、そんなものは迷信でしょう。

 

ちなみにそれは、日本人特有の考え方らしいです。少なくとも僕は、アメリカ人1人、韓国人1人の、そんなのは聞いたことがないという意見を耳にしたことがあります。

 

科学的な統計や論理的根拠もないでしょう。

 

 

どうなのでしょう…。

 

けっこう多くの人が信じている印象を持っているのですが…、少なくとも、大事な決断の時には、そんなことは考慮しないでもらいたいものです。