読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りおの勉強記録 Studies by Rio

漫画、芸能・スポーツ、人・社会・ビジネス、英語、技術、科学・数学―勉強の経過と成果をつづっていきます

メキシコで行方不明になった43人の学生、その真相は

 

 

昨晩に見た、『世界丸見えテレビ特捜部』の話題です。

 

海外の番組を紹介している長寿番組なのですが、昨晩とても印象に残ったドキュメンタリー番組が紹介されていましたので、今日の話題にしてみようと思います。

 

完全に僕の記憶をもとに書いていますので、数値など若干の間違いがあるかもしれませんが、お許しください。ただ、話の大筋は合っているはずです。

 

 

2014年にメキシコで、教員養成学校の生徒が、デモに参加するためにバスに乗って出発しました。

 

ところがその後、彼らは行方不明になりました。その数、43名。

 

バスは路上に停車し、窓ガラスがめちゃくちゃに破壊されていました。

 

さて、彼らに何が起きたのか―。

 

 

―以下、真相です―

 

 

 

 

生徒たちは誘拐されたようで、犯人は、麻薬犯罪組織と、彼らとグルになっていた警察官34名で、後に逮捕されました。

 

メキシコでは、賄賂をもらって犯罪組織に加担する警察官がけっこういるらしく、そんな警察官たちがこの事件に絡んでいたそうです。

 

しかも、犯人たちを操っていた黒幕がいて、その人物も後に逮捕されました。

 

それは、市長の妻

 

なんでもこの市長の妻は、麻薬犯罪組織のメンバーを兄弟に持つそうです。

 

そして、以前からデモをしていた生徒たちが目ざわりだったらしく、殺害してしまったそうなのです。

 

 

いやあ…、番組を見ていて、この真相には僕もびっくりしました。

 

もちろんこれはテレビ番組ですので、もしかして事実と違う点はあるかもしれません。

 

でも事実だとしたら、これはとんでもないことですね…。

 

日本でも、警察官や政治家、政治家の親族が不祥事を起こすことはありますが…、43人殺してしまうなんて、ちょっと考えられません。

 

メキシコ怖い…!